賃貸の家賃が安い時期はいつ?引越しにおすすめの時期を解説します

賃貸の基本

こんにちは「東京賃貸ライフ」のasamuです。

もうすぐ2月に入り、早くも4月からの新生活に向けた準備を始めた方もいるのではないでしょうか。

入学や就職・転勤など、ライフスタイルの変わり目が楽しみな反面、面倒なのが引越しです。

物件探しから荷物の整理、役所手続やご近所への挨拶など、やるべき事がとても多い引越し・・・
今日はそんな引越しについて、賃貸探しをしている方に役立つ知識をアウトプットしていきたいと思います。

引越し時期は戦略的に決めよう

転勤や通学などの理由での引越しを除き、自由に引越し時期を選べる場合は「できるだけお得に物件探しや引越しをしたい」と思う方が多いのではないでしょうか。

引越しシーズンになると引越し業者の料金が高くなるというのは多くの方がイメージ湧くかと思いますが、実は賃貸物件の選びやすさや賃料等の契約条件も時期によって大きく異なります。

そこで今回の記事では賃貸不動産の貸主の立場である私が、「引越しにおすすめしない時期」、「引越しにおすすめの時期」について解説します。

この記事を最後まで読み、戦略的に時期を選択してお得に引越ししましょう!

引越しを避けた方がいい時期とその理由

引越しを避けた方がいい時期

できれば引っ越しを避けた方がいい時期は、2月〜4月と8月〜10月です。

2月〜4月は「春の繁忙期」とも言われ、就職・転勤・入学など4月からの新生活に備えた引越し需要が多く、1年の中で最も賃貸物件の契約数が多い時期です。

続いて8月はお盆休みや夏休みを利用して引越しを検討する人が増える時期、9月〜10月は「秋の繁忙期」とも言われ、10月の人事異動や秋入学等による引越し需要が増える時期です。

上記に共通するのはいずれも「引越しをする人が多い時期」ですが、なぜこの時期の引越しを避けた方がいいのでしょうか。

引越し料金が高いから

こちらは皆さんイメージが湧くかと思いますが、閑散期と比較すると引越しシーズンは引越し屋さんの料金も高い傾向にあります。

以下では引越し情報サイト「引越し侍」さんの集計データをご紹介します。

単身者2人家族3人家族4人家族
1月39,628円74,508円89,934円85,961円
2月47,496円86,685円92,513円97,021円
3月78,879円127,907円150,477円169,613円
4月53,991円101,887円111,888円123,647円
5月42,900円79,824円91,369円97,906円
6月41,440円80,816円88,387円87,059円
7月44,686円84,315円88,158円100,541円
8月41,296円79,951円95,725円86,360円
9月45,112円76,229円79,694円96,946円
10月40,374円76,579円85,888円91,853円
11月43,469円75,627円88,757円87,130円
12月40,855円76,050円83,859円79,169円
(『引越し侍』利用者アンケート(過去3年分))

上の表を見ると8月〜10月はそこまで高くないものの、春繁忙期の2月〜4月の引越し料金が突出して高く、安い時期の2倍近くの料金にもなるケースがある事がわかります。

いい物件がすぐに埋まってしまうから

春・秋の繁忙期は多くの人の引越しに伴い、空き部屋も多く出てきます。

他の時期には空きが出ないような好条件の物件に住むチャンスもあるのですが、検討者が多いため、人気物件ほどすぐに埋まってしまう傾向にあります。

どんどん空室が埋まっていってしまうのでゆとりを持って物件選びをするのが難しく、十分な数の物件を内覧せずに物件を決めたり、中には仲介業者に急かされて内覧すらせずに申込・契約までしてしまう方もいます。

家賃が高い&初期費用の交渉が難しいから

賃貸物件の貸主にとって、繁忙期は何もせずとも空室が埋まっていくボーナスタイムです。
家賃を高めに設定したり、礼金カットの交渉に応じなかったりと貸主が強気になれる時期ですので、閑散期に不人気だった物件にあまり良くない条件で申し込みを入れてしまわないよう注意してください。

引越しにおすすめの時期とその理由

引越しにおすすめの時期

何となく想像がつく方もいるかもしれませんが、引越しにおすすめの時期は春・秋繁忙期後の5月〜6月と11月〜12月です。

これらの時期は繁忙期とは逆に「引越しをする人が少ない時期」になりますので、以下の理由から引越しをおすすめします。

家賃が安くなる&初期費用を抑えられるから

繁忙期には貸主が強気の条件設定をすると記載しましたが、繁忙期が終了すれば話は別です。

繁忙期中に埋めたかった部屋が空室として残ってしまった場合、貸主は「次の繁忙期まで入居者が来ないのではないか」と不安になり、家賃を下げる傾向にあります。

家賃以外にも礼金0ヶ月やフリーレントの交渉がこの時期は通りやすくなるほか、引越し費用が比較的安い時期のため、1年間の中で引越しにかかる初期費用を最も抑えやすい時期と言えるでしょう。

じっくりと物件探しができるから

引越しをする人が少ないため、ゆっくり自分のペースで物件探しができるのもこの時期の特徴です。

気に入った物件が埋まってしまう可能性が繁忙期よりも低いため、多くの物件を比較検討しながら賃貸探しをする事ができます。

そのため引越しを急いでいない方は閑散期にじっくりと物件探しをすることも検討してみてください。

閑散期の物件探しの注意点

募集条件が緩んだり、ゆっくりと物件探しができたりと閑散期の物件探しが良い事尽くめのようにも思えてしまいますが、実はデメリットもあります。

それは「募集に出ている物件数が少ない(特に人気物件)」という点です。

繁忙期と比べて退去者があまり出ないほか、良い物件は繁忙期に埋まってしまう傾向にあるため、希望する条件に合った物件がなかなか見つからない可能性もあります。

閑散期はじっくりと物件探しをする事ができるため、希望の物件に出会えるよう粘り強く物件探しを続けてみてください。

まとめ

本記事では「引越しを避けた方がいい時期」、「引越しにおすすめの時期」について解説してきましたが、今まで文章で書いてきた事を表でまとめてみましたので、記事の振り返りとしてご覧になってください。

家賃の安さ礼金・FRの
交渉のしやすさ
引越し料金の安さ募集物件数物件探しに使える
時間
1月
2月×××
3月××××
4月××××
5月×
6月×
7月
8月××
9月××××
10月××××
11月×
12月×

表からも5月、6月、11月、12月が物件探しに適してそうだと読み解けますね。

本記事が皆さんの賃貸探しに役立てば幸いです。
最後までお読みいただきありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました